パンセPensées:宇宙からのメッセージ

仏の哲学者パスカルは、彼の考えること=パンセの中で、こんなことを言っています。『我々の外側には決して確かめられないほどの宇宙がある。マクロの宇宙、大宇宙。そして、もうひとつ自分の内側に無限にあるミクロの宇宙、小宇宙がある』と。ここでは時に大宇宙の天体について、また時には人体の細胞という小宇宙について占いカウンセラーが受け取ったメッセージをご紹介していきます。


HOME
2013年移転しました(1/12)

2011年社会貢献支援報告(1/23)



月の力でキレイになる(11/25)
三朝温泉でラドン浴(11/23)
低線量放射線の不思議を科学する(9/28)
ホルミシスで蘇る(9/12)
映画『はやぶさ』を見て(8/26)
被爆者からの手紙(7/12)
一隅を照らせ(7/10)
放射線パニック症候群にならないで(7/10)
15%節電の嘘(7/1)
私が今のメルトダウンを心配しない理由(6/24)

ダブリン宣言でICRPは否定されていたという事実(10/20)
低線量放射線の不思議を科学する(9/28)
ホルミシスで蘇る(9/12)
映画『はやぶさ』を見て(8/26)
被爆者からの手紙(7/12)
一隅を照らせ(7/10)
放射線パニック症候群にならないで(7/10)
15%節電の嘘(7/1)
私が今のメルトダウンを心配しない理由(6/24)
みなさまへ☆彡(6/15)
朝まで生テレビ~ここ重要!(5/28)
ラジウム温泉で免疫力アップ!(5/12)
放射線の朗報 『たかじんのそこまで言って委員会』でついに!(4/18)
チェルノブイリの悲劇と真実
金子みすゞ の宇宙観
なぜ遺伝子が「お守り」なのか
微量の放射線を浴びるとなぜ体によいのか
怖い放射線と怖くない放射線
放射線の種類と強さ

放射線にあるホルミシス効果

宇宙帰りの桜(2/22)
私信 ON TIMES
2012年、心の復興が第一

年末大掃除、断捨離、、本当に捨てられないのは偽物の自分

只今、魔法使いの修業中

台風12号はなぜ熊野を襲ったのだろう

ええ「塩梅」が世界を制す
 
DON’T PANIC!それは誰かの思う壺
3月11日午後2時46分東北・太平洋沖地震発生M8.8 国内最大級
伝染する
<反政府デモ>
マイケル・ジャクソンの遺言
中国、四千年じゃなくて60年の歴史
大和魂をもった日本人
 
 
 



 

レイキヒーリングはじめました(2/17/2013)

 ホルミシスを通して目に見えないイオンの力を理解することができたおかげで、誰もが宇宙のエネルギーを受け取ることができるとわかってきました。

 量子物理学が科学者だけのものではなく、日常生活をおくっている一般人に手の届く時代が来ています。レイキは自然界に満ちている癒しと安らぎをもたらす気、波動で、これを活用することがレイキ法といわれています。

 天体の大宇宙と肉体の小宇宙がたがいに響き合うときに癒やしが起こります。手をかざすと弱っているところで手にビリビリとした感触を得ますが、これが「ひびき」で、自分も他者も癒すことができるようになります。

 「手当」する、という言葉があるように数分間、手をあてるだけで癒しが起きることを昔の方は知っておられたのですね。頭部に手をかざしているのに、お腹(胃腸)がグルグルと大きな声で返事をしているかのように反応します(笑)。響きあってつながっているのですね。

 私がマスターしたのは現代レイキというもので、決して宗教的なものではありません。まずは、「レイキ交流会」を定期的に開催し、レイキを理解してもらえるように広めたいと考えています。ホルミシスはその理解の一助になるすぐれものですので、変わらず販売してまいります。

移転しました(1/12/2013)

 昨年は環境を変えようと移転に費やした一年でした。ようやく落ち着いてきましたので「蓮華くろーば」を再スタートしたいと思います。

 さて、本日は今年はじめての新月。新月に計画を立てたり、願い事をすると良いと言われています。今夜の新月は山羊座にあたり、遊びより仕事が優先でコツコツと積み重ねてきた努力の結果、夢が叶うという堅実な気運があります。長期的な計画をたてるとよいでしょう。

 また、山羊座は体の部位では皮膚を象徴しますので山羊座に月がいる時期は、肌の手入れに最適です。今はもう水瓶座に移っていますのでローラーでリンパマッサージをすると血行がよくなり美容と健康を維持できます。

 本年もよろしくお願いいたします。

  

       

2011年社会貢献支援報告(1/23)

 昨年は東日本大震災があり、「蓮華くろーばー」としてもなにかお力になりたく以下の団体を通して現金と物品で陰ながら支援努力をしてまいりました。年間総額は以下のとおりです

総額: 579,600円

尚、総額は物品も現金化いたしましての金額です。

 

<寄贈先>

国境なき医師団 …4,000円(定額)×12ヶ月=48,000円
            …東日本大震災向け30,000円

全国父子家庭支援連絡会(全国父子家庭支援連絡会 http://www.zenfushiren.jp/ …30,000円

奈良いのちの電話 …30,000円

和楽流・東日本大震災復興チャリティ …30,000円 

ボランティアグループ「ひのきしん」(宮城) …メディカルローラー1本ほか

宮城県・「みはち」…シリコンプレート小判型20枚

東京・スタンダードソングエンターテイメント …シリコンプレート小判型120枚

月の力でキレイになる(11/25)

1125日は新月で日食です。

しかも射手座に太陽・月・水星・金星が並びます。

すべてを帳消しにして最初からやり直すというエネルギーが働きま​す。


また、太陽と月が第8ハウスにあることから
地上の男女は少しエロチックになります。

第5ハウスには火星がありますので
恋愛も一人の人を複数の人が愛を獲得しようと競い合ったり

幸運を呼ぶ木星が第12ハウスにあるので
幸せが見えないところで潜んでいるでしょう

全体的には精神生活を高める周期となります。

細胞も一からリセットしてきれいにしましょう。

ということで、今日の新月から次の新月1225日までの期間限定で

ホルミシスシリコンローラーを

ーカー希望価格28,000円税別(楽天調べ)のところ

先着20名様限定で20,000円税込で販売いたします。

*ご注文はメールのみで受け付けます。
   dk3k-ymsk@asahi-net.or.jp

これからの季節クリスマスプレゼントにも最適です。

一生使えるローラーで一生キレイを保ちましょう。

新月のホロスコープ

三朝温泉でラドン浴(11/23)

先月の末に、鳥取の三朝温泉に行ってきました。目的はもちろん放射線泉のホルミシス体験をするためです。宿泊先は、老舗旅館である「大橋」で、ここには唯一といってもよいトロン温泉もあるからです。しかし、体でしっかりと放射泉を感じることができたのは三朝の看板であるラジウム泉のほうでした。

というのは、ラジウム泉に入って息を吸うと、何か重たいものがど~んと肺に降りていくのがわかるのです。同時に、私の肺はここにあるのか、ということも感じられます。すなわち、これが内部被曝というものですが、とても心地よいものです。ホルミシス・ミストサウナは、決して熱くないサウナルームでラドンミストを浴びます。すると、1分もしないうちに、汗がでるでる。体内の出すべき排出物が体全体から出ていってくれるようでした。

 

ご覧のように街中がホルミシス満喫コースになっています。

まず訪れるべきは、三朝温泉が発見された場所である「株湯」でしょう。

昔、源義朝の家来・大久保左馬之祐が主家再興の祈願をするために三徳山へお詣りにいったところ、途中、ごっついくすの木の根株に年老いた白い狼がいるのを見つけて弓で討とうとしたが、「まてよ殺生はならん」と思い直して、見逃した。すると、その夜、妙見菩薩が彼の枕元に立って、「あの根株の下からは湯が湧き出ている」ということを教えてくださった。それから八百何十年もたっているが、今も湧き続け、地元の人は毎日並んでこの湯水を汲んでいく。もちろん、ここに放射能騒ぎはない。温泉街の人たちは、ラドン泉が素晴らしいことは知っていても、それをふりかざさないし、世間の騒ぎを否定することもしない。自粛しているとのこと。

 三朝温泉発祥の地

 株湯

個人によって違うのであろうが、三朝温泉の湯水は、少し塩気の感じるとろりとした飲み口である。

 

三朝温泉にはこの「株湯」の他に、三朝神社境内にある「神の湯」と温泉本通りにある「薬師の湯」で飲泉ができる。

三朝川の流れる三朝橋の下に足湯・河原風呂もある。

 神の湯

 河原風呂

翌日は、岡山大学・医学部附属病院・三朝温泉医療センター分室のラドン熱気浴というのを体験する。オフシーズンというのもあるのか完全予約制というが人は少ない。私は12時に予約をいれ、裸にバスローブを身に付け、飲料水をもって、熱気浴に挑戦した。そして、60代くらいの御婦人と約30分間、ご一緒させていただいた。

 

その方は、6年前に直腸がんになり、人工肛門になった。その2年後にがんが肺に転移し、いよいよ肺がんで死ぬかもしれないというところで、ラドン治療にいきつき、以来、毎年春と秋にここ三朝に来ているという。しかも、彼女は真剣な治療だから、ご主人をドライバーに、香川県からまず遠く東北の秋田・岩手の玉川温泉に行き、お山自体が放射線を発しているということからゴザをひいて寝転ぶ岩盤浴をする。これは本当に気持ちがよいらしい。ただ、夏は大きなアブが飛んできて、ゆっくりできないとぼやいていた。温泉のほうは、どうしても泉質がきつい酸性で、彼女には合わないのであまり入りたくないとも。たしかにTVでも玉川温泉の湯はきついと評判だ。玉川温泉から青森に降りて魚介を楽しみ、あちこち周遊しながらここ三朝温泉に立ち寄って、必ずこのラドン熱気浴を3日続けて入るらしい。そして、今のところ、彼女のがん細胞は体内にあるものの止まってくれているそうだ。思わぬところで取材ができた。ラドンは、まちがいなくがん細胞という暴れん坊をおとなしくさせてくれている。これぞホルミシス効果なのである。

 


ダブリン宣言でICRPは否定されていたという事実(10/20)

50年前にしきい値なしを肯定していたICRPは2001年6月に世界の医療学会に全否定されていました。いわゆるアイルランドのダブリン宣言についてホルミシスの第一人者、服部禎男博士が動画に出演して告白。ホルミシスは世界の医療界では常識に!

http://www.ustream.tv/recorded/17862990

http://www.ustream.tv/recorded/17864001


これをご覧いただくとホルミシスを益々安心してご利用いただけます。

※服部先生の話は、「どんなに数値の高い放射線であろうと毎年、毎時の世界であれば、大丈夫」という内容です(だらだら浴びはよい)
これが毎秒の秒のところが1000万分の1秒という世界になると、大問題になります
瞬時に大量の放射線を浴びると、被曝ではなく、被爆の爆発になるからです。
したがって、原子炉や原爆は被爆となりますので
この動画の話は、原子力発電を肯定するものでは決してありません。

低線量放射線の不思議を科学する(9/28)

わかりやすい動画が登場しました。
低線量被曝は決して危険ではありません。

06ガンを抑制するホルミシスについて
http://www.youtube.com/watch?v=-22RRTd3mxY
こちらをご覧になったら→ ホクトの湯、ホルミシスシリコンプレート(小判型・はがきサイズ)

07ホルミシス効果
http://www.youtube.com/watch?v=rPd2Qeygk5U
こちらをご覧になったら→ アクアボトル、アクアバー

   ~2011.9.18リチャード・コシミズ「低線量放射線の不思議を科学する」

ホルミシスで蘇る(9/12)

 夏の日差しでプランターに植えていた山椒が枯れてしまいました。そこで、マイナスイオンを沢山発生するホルミシスシリコンプレート(小判型)を山椒の根元に置いておきました。今日、ちらっとそのプランターを見てみると、なんと新しい芽がいくつも出ています。嬉しくなって写真に撮りました。植物は正直ですね。
 

 

映画『はやぶさ』を見て(8/26)

 昨夜、試写で映画『はやぶさ』を見てきた。小惑星イトカワ探査に世界ではじめて成功したあの<はやぶさ>くんをとりまく科学者たちの苦悩、夢と希望が描かれていた。何度も失敗した~と落胆するが、その度に、科学者たちが知恵をだし、そして諦めずに待ち続けた…7年間。結果が出るかでないかわからないことと官僚からは苦言を呈され、それでも辛抱強く研究し、ひたむきに仕事に情熱を傾ける日本人てなんて素晴らしいのだろう。
 そして、興味深かったのが、科学者も最後は神を信じるということ。イオンエンジンの「中和器」という語呂と、無事の帰還を成就してくれるということで岡山真庭市にある中和神社に御札をもらいにいくのだ。

 そして泣かせるのは、晴れて無事に帰ってきた<はやぶさ>くんに最後地球の姿を見せてやろうというところ。大気圏に突入すると、しばらくして気圧の変化に耐え切れず炎上してしまうはやぶさ君。このシーンですすり泣く人もいた。

 7年間も宇宙線を浴びた<はやぶさ>くんは、すでにボロボロの状態です。 超新星の爆発や太陽風の爆発で発生している宇宙線を一次宇宙線といいますが、核爆発の放射線を浴び続けているようなものです。生物にはもちろん危険ですが、はやぶさ君は、探査機なので逆に太陽光をエネルギーにして飛ぶことができたのです。

 さて、宇宙線が大気圏に突入すると、空気中の窒素や酸素と衝突して、もちろん放射性同位体元素は生成しますが、中性子や陽子を弾き飛ばすようになります。これは二次宇宙線と呼ばれています。大気に入ってくると宇宙線自体の「質」が変わってくるのです。

 現在、あちこちのホットスポットで数値が高いと問題になっていますが、放射性同位体こそ存在しているので、もちろん高い数値が出ますが、それが爆発のように核分裂していなければ、中性子のような人体に影響を及ぼすものが発生してないので何も影響がありません。

どれだけ高い数値を示していても影響を及ぼす「質」が違うのです。

 子どもさんのことは心配でしょうが、子どもに本当に影響が出るのなら人間よりも下等で小さい生き物に先に影響が出るのだそうです。
極端な話ですが、虫(ハエや蛆)に異常が出ていないのなら大丈夫ということです。

映画『はやぶさ』は、日本人に自信と希望を与えてくれるでしょう。公開は10月1日です。

被爆者からの手紙(7/12)

先日、​月に1度くらいやりとりしている爺(あだ名)の手紙に、

 

「 昭和20年8月6日。広島。私、4歳と10ヶ月

 母と私は広島駅近くの母の実家で被爆。爆心地より2km余。

 家は爆風で一瞬のうちに吹き飛ばされ、私はしばらく放り出された。

 裏庭あたりで意識を失っていたらしいから何も覚えていない。

 母は一昨年の七月に亡くなった。96歳まで生きた

 私も70歳まで生きている。放射能の影響は零ではなかろうが、

 それでもこんなに生きている。でも癌死した人も多いそうだから

 私も近いうちガンでくたばるのだろうけど、その兆しは今のところ皆無

 人間の肉体なんて一人一人皆違っているんだから、そして70年も生きてると、

 その生き様も異なるだろうから死時期なんぞ我々にわかる筈ないよね。… 」

 

という内容が書かれていました。

 

このカミングアウト、

つまり被曝ではなく、

爺が被爆者であったことは、今までまったく知りませんでした。

 

お子さんをもつお母さんや妊婦さんが

しきりに心配しているのは線量ですが、

健康に害があるのは一度に大量の放射線を浴びる<被爆>ケースです。

 

それを累積、つまり足し算をしておられるのですが

福島のケースとチェルノブイリを比較すると100倍の差があります

 

チェルノブイリは<被爆>です

 

福島原発事故のケースは<被曝>です

 

むしろ、足したその数字でストレスをためて心配するほうが

ガンをつくる元となります。

 

ガンがどのようにして発生するのか

(ストレス、紫外線、多量の飲酒、喫煙、防腐剤の入った加工食品、電磁波など)

をちゃんと理解せず、放射線料だけに神経質になりすぎるのは

火に油をそそいでいるのと同じです。

 

放射性物質による<被曝>をすぐに癌死と結びつけるのは

いかがなものでしょう。

 

また、がん細胞は体温が35度台になると増えます

いわゆる低体温症になると免疫力がなくなるので増えるのです。

 

ガイガーカウンターを

体温計に持ち替えて、

子どもや家族の体温を計ってさしあげることこそが

本当の愛ではないでしょうか。。。

一隅を照らせ(7/10)

東洋哲学の巨人、安岡正篤(やすおかまさひろ)(1898年(明治31年)213-1983年(昭和58年)1213)の『東洋思想十講』をまとめた『東洋思想十講~人物を修める』の本の中に

こういうくだりがあります。

 

第三講 人間の根本義

58頁~59頁 活学と日本の内憂外患

 

「そこで、現代日本の内憂外患について考えることは、我々の知識や理論、学問というものを空にしない、遊戯にしない、という意味において大事なことであります。まず内憂から考えてみたいと思いますが、これは時代に立脚して考えれば際限がありません。しかし、我々にとって一番切実な問題は、何といっても今盛んに言われている公害でありましょう。これについては今さらお話するまでもありませんが、そもそも公害の「公」の字の意味を皆が誤解しているように私には思われます。

 

 公は「私」に対する文字であるところから、内に対して外というふうに解釈して、公害を何か自分からかけ離れた外の害のように思っている。ところが公害というものは、すべてこれ私害の大きくなったものです。各人がよく心得て正しく生活しておれば、こんな問題は生じなかったはずであります。ところがその心がけと智慧が足りなかったことが積もり積もって現在のような結果になったわけですから、とても一朝一夕に改まるものではありません。だから悲観論者は、文明は公害によって亡ぼされるとまで言っております。

 

 去年の九月、海洋科学の理論家が集まって国際会議が開かれましたが、その時の報告によりますと、実に恐ろしい結果が出ております。何でも一昨年の一年間に世界中のタンカーが運んだ油は十億トンに達し、その中の五百万トンから一千万トンの油が海上に流出している。そのためにすでに北極洋まで汚染されているということです。またソ連やアメリカをはじめフランス、中共などが盛んに核爆発、核兵器の実験をやっておりますが、もうそれによる汚染はもう人間の手によって洗浄することが不可能なところまで来ておるということです。

 

 しかし、悲観論では何も解決しません。「人事を尽くして天命を待つ」といわれるように、やっぱり問題が重大であればあるほど、全力をあげて解決に努力しなければなりません。そして各自がそれぞれの分野において己の本分を尽くすことです。私は多年「一燈照隅」(伝教大師が弟子たちに教えた教訓)ということを唱道してまいりました。自分の存在がいかに小さくささやかであっても、一燈となって一隅を照らしてゆく。そうすればやがてそれが、百、千、万と集まれば、万燈遍照、あまねく社会を照らし、国を照らすことになる。自分を棚に上げていくら公害を論じても何にもなりません。国民の一人一人がそれぞれ一燈照隅を行じて、光明の社会にもってゆくよりほかに公害の解決方法はないのであります。」

 

 

上記の講義は昭和52(1977)に行われているので、話の中の国際会議は昭和51(1976)に開催されていると思われます。実に35年がたとうとしています。

放射線パニック症候群にならないで(7/10)


放射線量パニック症候群になっているお母さんが増えているようです。放射線による癌発生の流れも調べないで、放射線=発癌という考えが拭えないのが実情のようです。

特に妊婦さんや小さな子供を持つお母さま方がパニックになられているようですので、以下の事実を参考にしてください。

1.大気中には自然放射線が存在し、福島原発事故があろうとなかろうともとから、年間1.26ミリシーベルト前後の被曝を日本人は受けています。この数値は、時間当たりになおすと
 1.26x1000÷365÷24=約0.14マイクロシーベルトとなります。

よって、この首都圏のデータの中で空気中の自然放射線の値に近いのが、足立区や豊島区。東京の西側は低いところが多い。

2.そもそも人類なる生物は、自然放射線の影響下で進化し生き残ってきた動物であり、放射線がゼロの環境では生存できないという説が有力です。その意味で、極端に数値の低い目黒区や横浜市はまずい状況かもしれない。都会は一般に放射線量が低いそうで、森林浴に適した環境の良いところでは数値が上がるとのこと。

3.地球上で自然放射線量の多いので有名なのが、メキシコの高地の年間10ミリシーベルト。時間当たりに直すと1.14マイクロシーベルトです。我孫子の0.47マイクロシーベルトは約4割です。メキシコの高地では白血病に癌に先天性異常が多発している?していません。全然。まったく。この程度の放射線量では毒にも薬にもなりません。

4.貴方や家族が病院で受けるX線撮影やCTスキャンでは放射線が使われ、被曝します。一回で以下のような線量を浴びることになります。単位は、ミリシーベルトです。

http://www.tasukaru.ne.jp/tasukaru/saitama/home/medical/doctor7.htm

医療放射線被爆(局所被爆・短時間)

   頭部撮影        0.13 mSv
   胸部撮影        0.07 mSv
   腰椎撮影        1.5 mSv
   腹部CT         0.23 mSv
   頭部CT         0.04 mSv
   胃バリウム検査    4.8  mSv
   大腸バリウム検査  7.4 mSv
   放射線治療       60 mSv

我孫子市の0.47マイクロシーベルト/時が問題になるなら、腰椎撮影の1,500マイクロシーベルト/時は大問題になるはずです。胃の検査でバリウムなど飲みでもしたら、なんと4,800マイクロシーベルト/時。しかも体内被曝です。胃がんになってしまう?「癌治療目的」の放射線治療の60,000マイクロシーベルト/時など下手に浴びたら、「癌になってしまう」はずです。実害は?報告されていません。

5.1960年代世界中で「核実験」が行われ、放射能がばらまかれました。日本にも中国などから影響は及び、大気中の放射線量は上昇しました。では、その後沢山の人が病気になったのか?結論を言いますと「健康被害なし」でした。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110428/trd11042823060023-n2.htm

核実験時代の63年6月には、東京で放射性セシウム137が、1カ月間で1平方メートル当たり550ベクレル検出されたのですが、今回の福島原発事故による新宿区の1平方メートル当たりの降下量は、最大値で4月11日の170ベクレルとのこと、月間で数百ベクレルになる計算だそうです。つまり、冷戦時代かそれ以下の数値。今回に限って健康被害が発生する要素はどこにもありません。





http://prayforjp.exblog.jp/13482453/

6.だが、チェルノブイリ並みの「レベル7」を総理大臣が言うくらいだから....チェルノブイリの線量は「チェルノブイリ原子炉事故(推算6,000-16,000mSv)」でした。単位は「ミリシーベルト」です。つまり、6,000,000-16,000,000マイクロシーベルトです。我孫子の数値と比べてみてください。政府がレベル7を宣言しなおしましたが、レベル6に修正すべきであるという声が日に日に増えています。それは福島の数値が100分の1程度だからです。

真実をネットで探してください。以下は、参考書籍です。無用な心配を拭い去れます。今晩から安眠できます。
『医師がすすめる放射線ホルミシス2 ラドン浴の実践』

           ~リチャード・コシミズ氏のブログより一部引用

15%節電の嘘(7/1)

関西電力のニュースを見ていて
いろいろ調べていたらいきついたのが

広瀬隆著『私物国家』のサイト
http://hozon-senmon.fateback.com/members_tripod_co_jp/saitatochi/index.html
これを読んでいるうちに
なぜ15%節電を電力会社が求めているのかもぼんやりわかりました。
以下、そこに書かれていることをつまんでご紹介します

========

原発はもともと電気をつくるためのものではない。
プルトニウム兵器を製造するためのもの
各地で再生可能廃棄物をつくり、青森の六ヶ所村に集めてつくる

「もんじゅ」の95年のナトリウム火災事故で
その役目は福島と柏崎に移行させるということになる

原発からは3分の1しか電気はつくれない
あとの3分の2の熱量は海に捨てている。
足りない、足りない。

だから揚水ダムを山の中につくる、つくる。
大手ゼネコンがたかる、たかる。

でも、揚水ダムでは
水が下に落ちるとき100万キロワットつくっても
落ちた水を上に汲み上げるために75万キロワット消費しちゃう
つまり、一日で25万キロワットしかつくれない
こちらは4分の1

この事実を知っているのは

通産省、資源エネルギー庁、建設省、科学技術庁の官僚と電力会社だけ
(もちろん金融庁はここにいた人たちが天下っているので全員知っっています)

国が一番、電気の無駄遣いをしているばかりか
国民の税金の無駄遣いをしております

原発建設に投入した巨大な資金=借金の利息払いと
高レベル廃棄物の天文学的な処分費用は国民に要求する
というのがからくり

電気が足りないから、石油がないからという理由にしておき
電気代はこれから益々上げる、上げる
おつもりらしい~おぉ~こわぁ~


15%節電という数字は、

1/3 × 1/4= 1/12 くらいから出ているのかもしれませんね。

私が今のメルトダウンを心配しない理由(6/24)

今、世間では被災地のことよりも
原発と政治のことばかり取りざたされている。
しかし、どれだけ原発から煙があがったとしても
私は今のところ原発のメルトダウンは心配していない。


「なんで?メルトダウンだよ、メルトスルーしてるのに…!!」

と思われるだろう。

しかし、本当にプルトニウムがメルトダウンしちゃったら
今のような騒ぎどころではないからだ。

もし、本当にメルトダウンしていたら2800度ですから
日本どころか
地球はこうなります。

映像は、巨大隕石が落下してきた場合のシミュレーションですが
メルトダウンすれば、地殻に到達するので同じことです。
3分前後からがそのシミュレーションとしてご覧いただけると思います。

http://www.youtube.com/watch?v=hu-iYG-mgpo

現在のメルトダウンやメルトスルーといわれているのは
こんなことにはなっていませんし、なりません。

東電の社員さんや作業者さんも
在駐していられるわけがありません。
彼らがそこにおられる限り
私たちは大丈夫なのです。

作業にあたっておられるみなさまに心より感謝申し上げます。

みなさまへ☆彡(6/15)

みなさまへ

たいへんご好評をいただいてるホルミシスメディカルローラーですが、この度の震災で、ホルミシスパウダーや真鍮の原材料を確保することが難しくなっています。

したがって大量生産することが今の時点では難しいので、しばらくの間は、やはりこのような通販のスタイルで一本ずつ販売させていただきます。

国際経済の状況について朝倉慶氏のコメントをご紹介しておきます。3月に書かれていることが現実となっています。ご参考になさってください。

http://www.funaiyukio.com/money2/index_1103.asp

朝まで生テレビ~ここ重要!(5/28)

『朝まで生テレビ』に

青山繁晴さんと

松本義久准教授が

出演していたのでリアルタイムで見ました。

テーマは『原子力発電について』


で、青山繁晴さんの発言で特に印象的だったのは2時間が過ぎたあたりの“新エネルギー政策”についての討論。ここ重要!

『…自然エネルギー、新エネルギーがぱ~っとブームみたいになるというのは、それはまたおかしいんじゃないか。田原さんと珍しく意見が一致した。飯田さん、福島さんにもっと聞きたいのは自然エネルギー、再生化エネルギー、風力、太陽光、いいことばっかりいってわ~っというと前の原子力と同じになる。下手するとまた既得権益になる。この国ではすぐに既得権益に変えられる。』


『 この国ではすぐに<既得権益>に変えられる 』


つまり、新エネルギーを既得権益にしてはいけないということです!



松本義久准教授の発言では
“乳児や子どもへの放射能の影響”について質問に対して

『放射線のリスクで心配されるのは癌の発生ですが、実際のところ年間100ミリシーベルト以下のところではみられないというのが今までの研究と経験でわかっていることです。100ミリシーベルトという基準は原爆で一瞬に浴びて被爆した場合で、今回直面している問題は長期にわたって少しずつ被爆するので影響が少なく、100ミリシーベルトに到達される方はおられないずっと低い線量ということです。さらに、一気に被爆した影響よりもずっとちいさくなります。日本の自然放射線は世界では比較的低く、年間1ミリシーベルトで、年間2.4ミリシーベルトという国や地域があり、そこで生活してる子供さんはお元気で過ごされています』


小佐古内閣府参与 辞任会見を出されて

『…放射線防護の考え方として、どんなに低い線量であっても癌の発生確率を増加させる…1シーベルトで5%とか、そのあたりの数値はよく出てきますが、その下のところはいろいろな疫学の難しさ等で確かめられていません。それをずーっと下まで引っ張っていって20ミリシーベルトが0.1%の増加ということになるわけです。

(討論あり)

大事なことは、計算上ででることではなくて、実際に出さないことが大事なのです。癌のリスクというのは放射線だけで起こされるものではありません。他にも要因がある。それを減らせばいい。もうひとつ、医学で密な健康診断をするチェックをすれば治療の確率があがります。トータルで最終的にリスクをゼロかマイナスにすることです』

(福島瑞穂議員ほえる)
(田原、福島につめよる「疎開すべきか?」)
(福島にげる「その人の選択」)
(田原、福島を無責任よばわり)

青山
『福島さん、松本さんのおっしゃることを理解してほしいのは、なぜ放射線だけを特別扱いするのか?癌になるリスクも人間が病気になるリスクも複合要因で、なぜ放射線だけをぬきとっておっしゃるのか。極端なことを言えば、赤ん坊にマスクをさせたら、お母さんと赤ん坊のそのストレスがあって、それと自然界から浴びる量の放射線の被爆とを冷静に考えるべきじゃないか、と正しいことをおっしゃっている』

松本
『放射線の被曝を下げるために何かをしなければいけない。何かを犠牲にしなければいけない。それから、20ミリシーベルトに関しても、リスクも計算上の値ですので、本当にそれが出てくるかはわかりません。なぜなら生体防御能力を持っているから。それを超えたものがはじめて影響になって出てきます。放置していいといってるわけではない』



『なぜなら生体防御能力をもっているから』



われわれ人類の遺伝子の中に<生体防御能力>がある。
これが松本准教授のおっしゃっているお守り。

思わず松本准教授をフォローした青山氏は3月に癌の手術をされているだけに放射線だけが悪者といいはる福島議員に我慢が出来なかったのだと思う


今回の「朝まで生テレビ」で重要なことは

☆わ~っと悪者を決めてしまって何かに極端に偏らないことですね☆



ラジウム温泉で免疫力アップ!(5/12)

これから放射性物質が飛翔し、子どもたちがガンになってしまうことが出てくるかもしれません

その時、何ができるのかもう今から準備しておくべきでしょう


政府に頼っていると、今度はまた新たな薬をもちだし国民は薬漬けにされてしまうかもしれません細胞医学からいうと症状が出てから薬を飲むというのは病の元を治すわけではないので付け焼刃にしかならないのです

病の元を治すためには細胞から修正する必要があるのです

それでは薬に頼らず、細胞から修正するためにはどうすればいいのかをさぐることが我々大人の務めというものです

私はホルミシスを扱っていますのでその点では、これからが本腰でありますがホルミシスは外部被爆のものなので内部被爆できるラジウム温泉(ラドン浴)に注目してみることにしました

本当は3月に三朝温泉を予定していたのですがこのたびの震災でそれどころではなくなりましたそこで、少し落ち着いてきましたので近場でラジウム温泉を体験できるところを探しました

昨日、5月11日に行ってきたのは亀岡のラジウム温泉です

ややぬるめですが、体内のほうは芯からあたたまるのでむしろいつまでも入っていられる感じが心地よいです

ラジウム温泉が内部被爆できるというのはラドンなどの放射性ガスを吸引することで肺に入り全身の細胞に行き渡り、電離作用を起します。同時に、放射能泉が皮膚に浸透し、外部被爆もできますですので、硫黄泉等とはまた違うすべすべ感が実感できます

ラジウム温泉、ラドン浴によって甲状腺ガン、白血病などを予防し、免疫力を高めるので治癒にも貢献できるということなのです

これからは、ホルミシスとともに ラドン温泉について調べていこうと思っています

次回は、北白川ラジウム温泉を計画しています

放射線の朗報 
『たかじんのそこまで言って委員会』でついに!4/18

毎週日曜日、午後1時半より東京の方にはオンエアされていない
よみうりテレビの『たかじんのそこまで言って委員会』という
時事ネタ追求トーク番組がある。


いつだったか、この番組に登場した
放射線医療の中村仁信先生(大阪大学教授)が

「低線量の放射線はからだにいい」と名言されたが

「活性酸素を発生させる」ということだけで終わってしまい

私もこちらの日記でだめだしをしております。
その思いは私だけではなかったようで、4月17日のオンエアに再登場され
今回は詳しくご説明されました。


・放射線被爆で一時的に活性酸素が増える。一日に10億
(運動やストレス、タバコ・酒でも)

→DNA(遺伝子)が損傷する
 (放射線がなくても細胞あたり一日数万~数十万個損傷している。
 100ミリシーベルトで2000個損傷する

→ほとんどが修復されるが、のこりが突然変異になる

→そのほとんどがアポトーシス(自爆)してくれるので残るのは1個くらい

→これが10個たまるとがん細胞になるがこれも免疫細胞が処理してくれる

→発ガンにはいたらない。
 むしろ免疫能力が向上するのでガンになりにくくなる

結論:よほど飲みすぎ食べ過ぎの方がガンになる

さらにセシウムにいたっては、半減期は長いが、実は大量でなければ
100日以内で排泄されると明言されました

低線量の放射線で健康を訴える当方としては
本当に正しい情報を流していただきうれしいかぎりです

福島から東京の学校に疎開してきた子どもに対して
大人が「うつるから受け入れるな」とか
「福島から来ましたと服に書いておけ」などという人が
本当にいると聞いてあきれてしまいます

東京にはオンエアされていない番組ですが、
風評被害で苦しむ人たちのためにも拡散していただきたい内容のものでした


中村仁信先生、ありがとうございました。


チェルノブイリの悲劇と真実(4/13)

福島原発事故がチェルノブイリと同じレベル7とされましたが、チェルノブイリ原発事故とはどんな事故だったのか、『放射線ホルミシスの話』より引用してご紹介しましょう。


 科学は益にも害にもなる。正しい情報を知らないと、人間は感情に左右されて誤った判断をする。 無知は罪悪ではないが、しばしば害悪となる。
          ____近藤宗平『人は放射線になぜか弱いか』講談社

 長崎と広島の原爆投下で被爆経験をもつ日本は、例外的に高い線量率の高線量被曝で、放射線量と死亡率との間に直線的な比例関係が見られるという直線仮説の概念を低線量においてもあてはまるとしてしまったのが 1958年のLNT仮説です。LNT=Linear No-Threshold(しきい値なし直線仮説)

 これを1959年、国際放射線防護委員会(ICRP)が、このLNT仮説を採用してしまいます。 本当は、あるしきい値以下であれば、無害どころか、人体の健康に有益であることが次々と結果が出ているにもかかわらず このLNT仮説がその真実をぼやけたものにしてしまっていました。


 そして、原発事故過去最悪のチェルノブイリ事故(1986年4月26日)においても間違った情報がまかりとおっていました。
当時の新聞では死者が2000人出たと報道されましたが、実際に放射線で死亡した人は28人でした。
 全体から見ると限られたものでしたが、現場から遠く離れたベラルーシ、ウクライナ、ロシアで1500万人の人たちに心身症的障害が発生しました。
心身症は放射線が原因ではなく、「ほんのわずかの放射線でも有害である」という誤情報でノイローゼになる人が続出したのです。

 世界中には、一生涯にうける自然放射量が数百ミリシーベルトという場所があります(世界平均は年2.4ミリシーベルト)。

 こうした高自然放射線量地域では、他の地域に比べてあきらかにガンやその他の疾病による死亡率が低いことが多くの科学者たちによって証明されています。 チェルノブイリの汚染地域で生涯をすごしたとしても高自然放射線地域の人よりも少ないのです。

 それにもかかわらず、旧ソ連政府の特別委員会は、1986年~1995年の平均放射線量が、
わずかに6~60ミリシーベルトの予測地域の人々、計27万人を強制的に避難・移住させる決定を行いました。

 本当の問題は、正しい情報を得られなかったことにより生じたパニックにあります。 どんなときも必要以上に怖がらないことです。そして正しい情報を得ましょう。


金子みすゞ の宇宙観(4/6)

     
   蜂はお花のなかに

お花はお庭のなかに

お庭は土塀のなかに

土塀は町のなかに

町は日本のなかに

日本は世界のなかに

世界は神さまのなかに

そうしてそうして神さまは

小ちゃな蜂のなかに。
 
     
            ~ 金子みすゞ 『 蜂と神さま 』
        

なぜ遺伝子が「お守り」なのか(4/3)

日本における放射線ホルミシスの提唱者は服部禎男博士です。

自然放射線の1万倍でも人体によい影響を与えるという服部禎男博士の仮説を紹介します。


「激しい地殻活動が見られた原始地球で誕生した生物は、マグマにきわめて近い海底環境(熱水噴出孔)に生きていた。

 マグマはラジウムやラドンなどの放射性元素を含み、海中生物はここで放射線を肥沃視ながら生き、進化の道筋を歩んだ。

 われわれはこうした環境でゲノム構築を進め、進化した生物を祖先とする。そういう事実から判断すると、地球上の生命体にとっては、最初に命を宿し、初期のゲノム構築に何億年をも過ごした環境こそが、本来適切なものである可能性を示唆している。」


つまり、過酷な自然環境に適応しながら、生命はこうして生き続けてきました。したがって、体の設計図であるヒトゲノム=遺伝子こそがそれに対応できる「お守り」ということなのでしょうね。


微量の放射線を浴びるとなぜ体によいのか(3/26)

最近、放射線についてTVでコメントする先生が

「微量の放射線なら体によい」といっています

しかし、専門家の方は知識が豊富な故に
いつも肝心なところが言えていない。
もしかしたら、カットされているのかもしれません

いつも惜しいと思うのは、

「微量の放射線を浴びると活性酸素が出る」

というところまで説明され終わる。

活性酸素は体を錆びさせ、がん細胞の元になるのだから

これは「だめじゃん!」なのです

活性酸素が生じるのは一時的です

「放射線のエネルギーで細胞内の水が電離すると、

 一時的に活性酸素が生じるが、

 同時に体は抗酸化酵素をつくる遺伝子にスイッチが入ります

 この酵素が徐々に活性酸素を除去してくれます

 ビタミンCやビタミンEでも抗酸化の働きは得られますが

 微量の放射線は桁違いに効果があるのです」

ここまで言ってくれなきゃ、わからんじゃないか!

天然、自然の放射線なら年間200ミリシーベルトまでが

体を元気にしてくれる値です。

これを「ホルミシス効果」といいます!


しかし、しかし、この値も天然ではない人工で発生した

放射性物質となると数値に関係なく「だめじゃん」なのです

天然の放射線は浮遊しません

人工で危険な毒性の高い放射性物質は風に乗って

数千マイルでも飛んできます

微量であっても肌に付着して細胞をこわしていきます。


結論:

微量の自然の放射線は体によい。飛ばない。

人工で発生した放射性物質は微量でも体に悪い。飛んで付着する。


この2点だけおさえてください


怖い放射線と怖くない放射線(3/23)


3月23日、池上彰の「学べるニュース」に出ていた東工大の松本義久准教授が熱かった!

ちょっとむっとしてて とっつきにくいタイプだけど、 おっしゃりたいことは

「本当に怖い放射線と戦っているのは福島原発の皆さん、

本当は怖くない放射線で、大切なものを失いつつある人々(被災地に物資が届かない、赤ちゃんに水を飲ませないなど)」のことを述べ、

最後に私たちのDNAを「お守り」といったことに拍手を送りたい


体の設計図がDNAという遺伝子に全部組み込まれている
それは、私たちの中に160億年も前のものが
脈々と受け継がれているというまさに「お守り」なのですね

まさに人間が原子力、放射線のことを考えることは

「人類と地球と宇宙が一体化」するということなのです

簡単にいいますと 私たちの外側にある果てしない宇宙と

私たちの体の内側にある果てしない宇宙があるということです

ホルミシスは この内側にあるものを目覚めさせる打ち出の小槌なのです


東工大の松本先生、ありがとうございます!

 放射線の種類と強さ(3/18)

「放射線の種類と強さ」をまとめました。


●放射線とは
 …高いエネルギーを持った電磁波や粒子線(ビーム)のこと。
 強い電離作用や蛍光作用を有する。
 但し、紫外線も電離作用を有するが、放射線には含めない。
 放射線を出す能力のことを「放射能」という。


■放射線の種類と強さ

放射線は、

・粒子線(高速粒子線)

α(アルファ)線
β(ベータ)線
 陽子
 中性子
中性子線
宇宙線

・電磁波線

γ(ガンマ)線
X(エックス)線

に分類されます。


日常生活で関わる粒子線としては

○α線                       
実体はHeヘリウムの原子核であるα粒子の流れである。
原子番号83以上の原子がα崩壊したときに放出される。
+2の電荷を帯びており、電場や磁場で屈曲される。
電離作用が強いので透過力は小さく、
0.02mmのアルミ箔や数mmの空気で止められる。
しかし、その電離作用の強さ故、
α線を出す物質の内部被曝には十分注意しなければならない。

○β線
実体は電子e又は陽電子+eである。
普通「β線」いう場合は、負電荷を持った電子によるβ線を指す。
原子がβ崩壊をした際に放出される。
透過力は弱く、
通常は数mmのアルミ板や1cm程度のプラスチック板で十分遮蔽できる。

○宇宙線
宇宙から飛来する放射線のこと。
さまざまな種類の高エネルギー(高速)の粒子。
直接宇宙からやってくるのが1次粒子(狭義の宇宙線)で、
1次粒子が大気を叩いて生成されるのは2次粒子二次宇宙線になる。
普通は地表(大気中)で観測できるものを指す。


そして電磁波は、

○γ線
極めて波長の短い電磁波。
原子が崩壊したときにα線、β線を放出してもなお核が不安定である場合、
微調整として余分なエネルギーを出す。これがγ線である。
透過力は強く、数十センチメートルの金属板をも透過する。
生物に影響を与える電離作用はα線、β線に比べて小さい。

○X線
電磁波のうち、波長が0.001~10ナノメートル程度の範囲のもので、
電子の振動に起源をもつ(原子核起源のものはγ線)。
1895年にレントゲンが発見した。
医療に使われるレントゲン線はX線です。
γ線と同じく鉄や厚い鉛の板であれば、遮ることができる。



※上記で体の中まで浸透するのがβ線とγ線です。
放射線の強さはグレイ(Gy)という単位が用いられ、
人体に影響する強さの単位はシーベルト(Sv)です。

したがって、β線とγ線は
グレイもシーベルトも同じ数値で表されます。

α線は紙一枚でも遮ることができるのですが
そのエネルギーの強さはβ線とγ線の20倍もあるので
シーベルトに表すときはグレイの数値に20をかけて表記します。

中性子線は分厚い金属製の板でも透過してしまいますが、
水やパラフィンで止めることができます。

放射線にあるホルミシス効果(2/28)

放射線は大量に浴びると放射線障害を起こすなど体に害があり、ひどい場合は死に至ります。しかし、低線量の放射線を浴びた場合、人間に有益な作用が起こるのです。

■ 応答反応
体によいことが起こるのは、人間の体が持つ応答反応によるものです。低線量の放射線を浴びると、放射線のエネルギーで細胞内の水が電離という作用を起こし、体内で一時的に活性酸素が発生します。これに対して、体は抗酸化酵素をつくる遺伝子のスイッチが入り、抗酸化酵素は活性酸素を徐々に除去します。こうした体の反応を応答反応といいます。

■ ラッキー博士の研究
放射線ホルミシスを最初に提唱したのは米国・ミズーリ大学の生物科学の教授、トーマス・ラッキー博士で、NASA(アメリカ航空宇宙局)から、宇宙における放射線が宇宙飛行士の体にいかなる影響を与えるかの調査を依頼され、10年以上の年月をかけて調査した結果、地上の100倍もの線量の放射線を浴びた宇宙飛行士は、危険などころかむしろ人体にとっては有益ということを発表しました。1982年12月のことです。

■ 効果
すでに実績あり
・ 慢性リウマチ
・ 脊椎縁および腰痛
・ 神経痛
・ 関節炎
・ 喘息
・ アトピー性皮膚炎
・ アレルギー性皮膚炎
今後効果が予測されるもの
・ がん再発防止
・ 糖尿病
・ 各種肝炎
・ アルツハイマー
・ パーキンソン病
・ 筋萎縮症
・ 老人性痴呆進行防止


■ 放射線の種類と強さ
放射線にはα線、β線、γ線などがあります。α線は原子核(ヘリウム原子核)が飛び出すもの。β線は電子が飛び出すもの。γ線は電磁波です。これらは物質を透過して、その物質への電離(イオン)作用を持ちます。電離作用は、人間の体においては細胞に含まれている水をイオン化します。このイオン化に対しての応答反応がホルミシス効果です。
 α線…強力。しかし、紙一枚で遮ることができる。0,1ミリしか飛ばない。
 β線…弱いが、体の中まで透過する。アルミニウムのような薄い金属板で止まる。
 γ線…弱いが、体の中まで透過する。鉄や厚い鉛の板で止まる。

 放射線の強さの単位 … グレイ(Gy)
 放射線の人体への影響 … シーベルト(Sv)



 ~『医師がすすめる放射線ホルミシス2 ラドン浴の実践』より

 

宇宙帰りの桜(2/22)


下記の記事には、「異変」とか「なぜか」という文字がおどっています。これは、日本の宇宙の常識がまだまだ遅れている証拠なのです。
ようやくというか、やっと宇宙線という低放射線を浴びると細胞が活性化されること=ホルミシス効果が サクラで証明されたということなのです
ミズーリー大学のトーマス・ラッキー博士が10年以上NASAの宇宙飛行士を調査したとき ホルミシス効果が発見されたのと同じです。その結果、地上の100倍もの放射線を浴びた宇宙飛行士が、危険どころかむしろ人体にとって有益であることがわかりました。米国で「低線量放射線の人体への有用性」が証明されたのは1982年です。日本はまだまだ遅れていますね。とはいえ、今後の宇宙桜の成長ぶりをを見守っていきたいものです

宇宙帰りのサクラ異変…なぜか発芽・急成長

約1年で160センチを超えた醍醐桜の苗木(1月17日撮影)

 

約1年で160センチを超えた醍醐桜の苗木(1月17日撮影)
宇宙旅行後に発芽した中将姫誓願桜の苗木

地上350キロ・メートルの国際宇宙ステーション(ISS)で2008年11月から8か月半、保管した桜の種を、地上へ持ち帰って植えたところ、発芽しないはずの種が芽を出すなど、異変が相次いでいることがわかった。

 原因は不明だが、無重力で放射線の強い宇宙環境で、遺伝子の突然変異や、細胞が活性化したなどの見方もある。

 宇宙を旅した桜の種は、北海道から沖縄まで13地域の子供たちが集めた名木14種類。このうち岐阜市の中将姫(ちゅうじょうひめ)
誓願桜(せいがんざくら)は、樹齢1200年と言われるヤマザクラの一種で、米粒ほどの小さな種は、地元の保存会などがまいても発芽せず、接ぎ木でしか増やせなかった。

 保存会が種265粒を宇宙に送り、248粒をまいたところ、昨年春に2粒が発芽した。このうち、10センチの苗木に成長した1本は、葉の遺伝子の簡易鑑定で「他の桜の種が混入したのではなく、誓願桜の可能性が高い」と判定された。

 岡山県では、通常は1年に50センチ程度しか伸びない真庭市の醍醐桜(だいござくら)10本が、昨年春に発芽して、今は90センチ以上。うち1本は160センチを超えた。高知県佐川町では、1年に約30センチしか伸びないはずの稚木桜(わかきのさくら)が、約1年で最高135センチに成長した。
(2011年2月21日14時33分 読売新聞)

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1509999&media_id=20
________________________________________
仏の哲学者パスカルは、彼の考えること=パンセの中で、こんなことを言っています。『我々の外側には決して確かめられないほどの宇宙がある。マクロの宇宙、大宇宙。そして、もうひとつ自分の内側に無限にあるミクロの宇宙、小宇宙がある』と。ここでは時に大宇宙の天体について、また時には人体の細胞という小宇宙について占いカウンセラーが受け取ったメッセージをご紹介していきます。


 

ホルミシス:宇宙パワーの素



ホルミシスメディカルローラー 0101
実用新案登録認証済:第3161744

新商品ホルミシスメディカルローラーが出ました!
ローラーに究極のマイナスイオンを放出するホルミシス素材を使い、血流、リンパの流れをよくしてくれます。免疫力アップ、酸化抑制、疲労回復などのリラックス効果が期待できます  

乾燥対策 花粉症対策 の必須アイテム

>>詳細はこちら





アクアバー 0103

容器の水道水に入れておくだけで簡単にカルキを除き、遠赤・マイナスイオン水を作る10cmのスティック型浄水器。1リットルなら20分、グラス(180ml)なら10秒間かき混ぜるだけで浄水します。2リットルのペットボトルなら360本分使えます。



ホルミシスブレスレット(S・M・L)0106
ホルミシスパウダーを練りこみフッ素 加工した数珠が遠赤外線、マイナス、イオン、微量の放射線を放出。電磁波の多いPC作業においてでも血流をよくし、リフレッシュ効果があります。静電気防止におすすめです。
S:23玉、M:25玉、L:27玉。色指定が可能。真ん中に一つ水晶が入ります。